医療法人菊一会 鶴ヶ島 池ノ台病院|埼玉県鶴ヶ島市の病院

外科[消化器,乳腺甲状腺,内視鏡,整形,泌尿器]内科[循環器,代謝,神経,胃腸,循環器科]


外来・診療案内

担当医紹介

院長 医学博士  石井 俊昭

総合診療科(消化器内科専門医・外科専門医)、内分泌診療専門医(乳腺・甲状腺・糖尿病)       血管・肛門・泌尿器・内視鏡診断と治療

石井 俊昭先生の写真

昭和53年3月、愛知医科大学医学部卒業。同年4月、東京国立国際医療センター外科入局。消化器一般、胸部外科、整形外科、麻酔科にて卒後研修レジデント。

昭和55年4月、愛知医科大学大学院医学研究科入学。肝臓・消化器外科治療に専念しつつ、研究では故山本貞博教授指導の下、「特発性門脈圧亢進症に関する実験的研究」にて、昭和59年3月同大学第1号学位記授与。昭和59年4月より愛知医科大学外科学講師。

昭和60年4月より、埼玉医科大学第一外科講座講師。尾本良三教授の下、消化器一般外科・内分泌外科を担当。

昭和63年4月、鶴ヶ島池ノ台病院開設。平成5年7月より、東京警察病院橋本大定先生(現佐野市民病院院長)の指導の下、埼玉県では最も早く低侵襲かつ安全な「腹壁吊り上げ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術」を開始。現在、各種のがん早期診断と治療に努力し、かつ最善の治療法を求め埼玉医科大学各専門病院との病病連携に力を注いでいる。

年間700例以上の患者紹介を行い、うち癌及び癌疑い患者数は170名を超えている。

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本内分泌外科学会評議員
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝胆膵外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本気管支学会所属
  • 埼玉医科大学非常勤講師
  • 埼玉県警察協力医
  • 日医産業認定医
前のページに戻る
ページの先頭に戻る

©2007 TSURUGASHIMA IKENODAI HOSPITAL.